title

会計の未来を語ろう

トップ 会計の未来を語ろう 会計帳簿を電子データ保存をする3つの理由

2021.09.11

会計帳簿を電子データ保存をする3つの理由

税務

非対面サービス

会計帳簿を電子データ保存をする3つの理由

アナログ・トランフォーメーション(AX)の時代

デジタル・トランスフォメーション(DX)は、
いまやビジネス誌などではあたり前に聞くようになって
きました。

平成元年の世界の企業時価総額ランキングは、上位20社に
日本企業が7割が占めていました。これが、現在

世界の企業時価総額ランキングは、上位20社にアメリカ企業が
7割を占めています。

アメリカ企業は、GAFAといったデジタル企業がいますが、
伝統的なビジネスを行っているジョンソン&ジョンソンやJPモルガン、
ウォルマートなどもここにいます。じつは

これらの伝統的な企業が残っている原因は、
基幹業務はアナログがあるものの、
経営資源をデジタルにバンバン突っ込んでいるそうです。

今やデジタルが生き残りには必要です。ところが、
日本の企業は、欧米よりも5年のデジタルの遅れがあります。

とはいえ、なかなか実施ができないのが実情でしょう。

旧態依然の業務方法は、何だかんだで失敗が少ない。
従業員を教育するのもひと苦労だし、すぐに出来ない理由が
上がってきて、、、挫折の嵐です。

このハードルを超える重要なキーワードは、「アナログ」の
世界にあるのだと思います。

人類には「恐怖」がDNAに組み込まれています。
失敗したときの人からあざ笑われる恥ずかしさが
怖くて仕方ないようにさせたりします。

しかし、この「恐怖」をしっかり自分の手中でコントロール
できたとき、私たちは、理想とされる世界を自由にイメージできる
のです。そして、大胆で勢いをもった行動ができるはずです。

この「恐怖」を手中におさめるのは簡単ではないです。
かつて禅の世界では「十牛図」という絵でこれを表現して
いました。
言うことを聞かない猛牛みたいな「恐怖」を操れるように
なってはじめて、ホンモノさが表れるものだと。

これは一人では取組めません。
仲間にいっしょに取り組むから乗り越えられるのです。

ここに「アナログ」の重要性が残ってくるのです。
だから「アナログ・トランフォーメーション」なのです。

自分の未来を信じ、仲間の未来を信じ、
ともに恐れを越えて新しい未来を創造すること。

そんな時代なのだと思います。

YOUTUBE動画では、会計帳簿のデータ保存をするべき
3つの理由を語っています。